彼が避妊具をつけてくれない

 

コンドームをつけたがらない彼

日常では彼に何でも遠慮せず言える女性でも、ベッドでの不満を口にするのはなかなか勇気がいるものです。

言いにくいことで多いのは、テクニックに関することや避妊のこと。
言えない理由は「彼を傷つけたくないから」「雰囲気を壊したくないから」などです。

コンドームは、若い男性なら妊娠したら困るという不安があるので割合ちゃんとつけてくれますが、年齢の高いカップルの場合は難しいことがあるようです。

 

以前相談を受けたKさん(42)の交際相手は50代後半の男性でした。
Kさんはバツイチで彼は別居中です。
Kさんにとって離婚後初めてできた彼だし、できれば長く付き合いたいと思っています。
元夫と比べて彼はセックスもうまくとても楽しいのですが、ただ一つ心配なのが、コンドームをつけてくれないことでした。

 

Kさんはまだ42歳ですから妊娠の可能性も十分あります。しかし、
「僕はパイプカットしているから大丈夫だよ」
と言われてしまいました。
彼がつけない理由は「感度が鈍くなるから」とのことですが、本当にそんな違いがあるのか女性にはよくわかりません。
でもコンドームが嫌でパイプカットをしたのだと聞くとそれ以上お願いできませんでした。

しかし万一のことがあったらと思うとやはり心配で、ある日真剣に「どうしても不安だからつけてほしい」と頼んでみました。
彼は渋々つけてくれましたが、挿入後に中折れしてしまったのです。
精力旺盛な彼がそうなるのは初めてでした。
彼は「ほら、僕はつけると感じられないんだよ」と不機嫌になってしまいました。
それ以後はつけてと頼むことができずにいます。
でもなにかモヤモヤした感じがあり、このまま付き合っていいのか迷って相談に来たのでした。

 

性感染症予防のためにつける

潮「Kさんがつけてほしいと思うのは正しいと思います。コンドームは避妊具であると同時に性感染症を防ぐために使用するものですからね」
Kさん「私もそう思ってつけてほしいんです。実は元夫に性感染症を染されたことがあって、どうしても気にしてしまうんです。でもあまりこだわると、彼の浮気を疑っているみたいで悪くて言えません」
潮「いま彼が浮気していないとしても、過去に何があったかわかりませんよ。潜伏期間を考えると、未経験の人以外は100%安全ではないですからね」
Kさん「そう言ったのですが、”僕はそんなことあり得ない”と否定されました。でも彼はかなり遊んできている人なので、可能性はあると思うんです」
とのことでした。

男性は性感染症に無頓着な人が多いように感じます。
Kさんの彼のようにパイプカットをしているのなら確かに避妊の必要はないわけで、コンドームなんて要らないと思ってしまうのでしょう。

「つけると快感が鈍る」と多くの男性が主張します。
しかし薄型コンドームなら0.01ミリだし、本来ペニスはそれほど敏感な器官ではないと医師も言っています。
感覚は主観的なものなので「絶対違いがある」と言われたら反論しにくいのですが、恐らくそれは先入観によるものでしょう。
仮に感度が多少違ったとしても、女性がつけてほしいと頼んでいる以上、その想いをくみ取ってほしいなと思います。

 

「行為を楽しむために」と伝えてみる

別の20代女性のケースですが、彼が「生理の直前は安全なんでしょ」と言って避妊してくれませんでした。
そこで伝え方を工夫したらうまくいきました。

「私は生理周期が安定してないからたとえ安全日でも絶対安全とは言えない。それに生理中でも妊娠することが稀にあるというし、妊娠の心配があると不安になってセックスが楽しめない。あなたとひとつになって気持ちよくなりたいから、やっぱりつけてほしい」

”感染症の不安”というまじめな理由より、「不安があると楽しめない」と言ってセックスをよりいいものにしたい気持ちを伝えたことで、彼をうまく説得できたのです。

Kさんの場合は彼がパイプカットをしているためさらに説得が難しいのですが、このケースを例にとって「あなたと楽しみたい」と伝えてみたら、と勧めました。

 

つけてくれないなら別れる

後日Kさんから報告を受けました。

彼は抵抗を示しながらもなんとかコンドームをつけてくれたのですが、やはり時々中折れしたそうです。
Kさん「多分、彼は私をあきらめさせようとしてわざと萎えさせたんじゃないかと思っています。ダメになると、”だから言ったでしょ”と私を責めるような態度になったので」
とのこと。

そのうちにKさんは、楽しかった彼との行為に疑問を抱くようになりました。

Kさん「私へのサービスもいろいろしてくれたしテクニックもあるし、行為の内容としてはすばらしかったと思います。でもコンドームの件から、結局自分が気持ちよくなることが目的なのかな、と冷めた目で彼を見るようになりました」
とのことで、きっぱりと別れることを決意したのでした。

避妊は本来2人の問題なのに、自分事として考えてくれない男性がいます。
もう子どもがほしくないという夫婦でも、夫が避妊せず強引に迫ってくるという話を聞きますが、それはもう「性的DV」に当たる行為です。

最初が肝心です。初めてのセックスの時に「コンドームをつけないならHしないからね」と女性側からさらっと言えるようになればその後の関係もスムーズに進むでしょう。

彼は女性の心と体を大切にしてくれる人なのか。
避妊ひとつでもそれがよくわかると思います。

 

 

カウンセリングでは、浮気、カップル関係、性機能、セックスレスなどでお悩みの方に改善方法をお伝えします。男性からの相談も歓迎です。
ラインまたはメールでメッセージをくださいね!

 

性のお悩み解決方法LINEで配信中


セックスレスの解決策、パートナーの浮気の解決法や浮気防止策などの情報をLINE@で配信しています。
誰にも知られずコッソリ、解決法を知ることができます。
LINE@の登録コチラから


初回カウンセリング受付中

初回対面カウンセリングは15分延長で75分10,800円

セックスレス・セックス・性機能・パラフィリア(性癖)・夫婦不和・離婚などの悩みを改善しています。 セックスレスや夫の浮気のご相談の依頼をたくさんいただいています。

カウンセリングのお申込みはコチラから

誰にも相談できなかった個人的な内容でも安心してお話しください。秘密は厳守いたします。電話・スカイプ・対面でのカウンセリングを行っています。

友だち追加
↑LINEで「お友達追加」して相談する。LINEで相談やカウンセリングの申込ができます。
カウンセリングの申込を迷われている方はLINEからメッセージください
>>カウンセリング料金について
>>カウンセラーの紹介
>>よくある質問