妻の浮気相手は女性だった

お正月期間半額キャンペーンをこの年末年始も実施します!
2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)実施時間は要相談となります
8,800円4,400円       電話・スカイプカウンセリングの初回相談が対象です 
(12/27までにご予約・お振込みいただきます)
ご予約はこちらから



 

パートナーに浮気されたという相談は、断然女性からの方が多いです。
男性の方が浮気確率が高いのと、男性は浮気された時にすぐ「カウンセリングに行こう」とは思わないからでしょう。
男性はプライドから友達や同僚に浮気されたことを話せず、一人で抱え込んでしまうようです。

以前ある男性から受けた、印象深い浮気相談があります。
妻の浮気相手が女性だった、というものだったのです。
(ご相談内容は個人が特定できないよう変更を加えてあります)

 

 

妻の浮気相手は親友の女性だった

Fさん(34)と妻(30)は結婚3年、「そろそろ子どもがほしいね」と話し合い、セックスも普通にある仲の良い夫婦でした。
妻は明るい性格で友達との付き合いも多く、中でも半年前に知り合った仕事仲間の女性とは頻繁に食事や買い物に出かけていました。

 

友達付き合いは大いに楽しんでほしいと快く送り出していたFさんでしたが、最近妻の帰りが遅くなり、終電に間に合わず外泊することもあったため、妻を疑うようになりました。
親友と出かけると言いながら、実は男と会ってるんじゃないか?
と疑心暗鬼になり妻の様子を探ったりスマホをこっそり見たりしたのですが、男性と連絡している気配はありませんでした。

考え過ぎかといったん疑うのをやめたFさんでしたが、時々妻がぼんやりしたり物思いにふけっているように見え、やはりおかしいと感じてついに興信所に尾行を頼んだのでした。

調査の結果は驚くべきものでした。
妻は頻繁に親友の家に出入りしていました。それだけならまだ疑いはしなかったのですが、ある日親友と手をつなぎ頬を寄せ合いながら家に入っていったということで、さすがに友人でもそれはおかしいのではないか?もしかして恋愛関係にあるのか、と考えるようになったのです。

これは本人に聞くしかないと、ある時妻を問いただしました。
妻は動揺を見せましたが、腹をくくったのか、親友と付き合っていると告白したのです。

「君が同性愛者だとは知らなかったよ。昔からそうだったの?」
「ううん、私だって自分でびっくりしている。彼女と会って初めて女性に対して恋愛感情を抱いたの」
「じゃあどうするつもり?離婚したいのか?」
「まだどうしたらいいか全然考えられない。少し時間をください」
ということで話し合いは終わったそうです。

Fさんは茫然として、これからどうしたらいいか、将来の見通しがつかなくなりました。
誰にも話すことができず、とりあえずカウンセリングしかないと思い来談したのでした。

妻への怒りが湧かない

今妻に対してどんな気持ちなのか聞くと、
「それが不思議と怒りではないんですよ。浮気されたということになるんだろうけど、裏切られたというショックはなくて。相手が男性だったら腹が立ってたんでしょうけど」
とのこと。

潮「相手が女性だと何が違うのでしょうか?」
Fさん「男同士だと、自分よりカッコいいのか、金があるのか、セックスがうまいのか、などと想像して張り合う気持ちが湧いてくるような気がします。でも相手が女性だと、自分が負けたという気がしなくて、妻は気まぐれに冒険をしたくなったのかも、そのうち飽きて戻ってくるのでは、と希望が持てるのかもしれません」

妻はFさんとの夫婦生活も順調だったのですから、たまたま仲良くなった同性愛の友人に強引に誘われて関係を持ったとも考えられます。
ただその関係が半年も続いているということは、妻にもバイセクシュアルの性指向があったのだろうと思います。
しかし、もし社会的な制約や偏見が全くなかったら人類の半数近くがバイセクシュアルの可能性があるという説もあるようですし、パートナーが同性と浮気することも不思議ではないのかもしれません。

Fさんが困っているのはパートナーに浮気されたことです。
その事実を取り上げるなら、相手が異性でも同性でも同じです。
浮気された人が通常取る行動は、パートナーを説得して止めさせる、浮気相手に直談判して二度と会わないと約束させる、別居や離婚を考える、といったところです。

潮「Fさんはどうしたいのでしょうか?今できそうなことはありますか?」
Fさん「それがどうしたらいいかさっぱりわからないのです。何しろ怒りが湧かず、困惑しているだけなので。怒りがないから2人を非難したり引き離したりしようというエネルギーも出てこないし。自分がどうしたいのか考えてみます」

ということでした。

その後妻と何回か話し合う機会はありましたが、妻は「今は別れられない。時間がほしい」の一点張りで、Fさんも静観することに決めました。

浮気されたのに嫉妬心や不快感は本当にないのかと疑問に思ったのですが、Fさんは
「なんか現実味がないというか、裏切られた感がないので正直まあいいや、という感じなんです。妻が本気で向こうを選んで僕と別れたいと言い出したら焦ると思いますが、そういう様子もないので、とりあえず現状維持にします」
と言って落ち着いたようでした。

 

日本男性は女性同士の関係に寛容?

私にはなぜFさんが浮気に寛容になれたのかわかりません。
自分の夫が男性と浮気していたらと想像すると、女性相手の浮気と同様に怒るような気がします。

しかしセクシュアルファンタジーの話を男性クライエントから聞いていると、日本男性はゲイに対しては厳しいのにレズビアンは問題ないという発言をすることに気づきます。
これは単に女性同士の映像をAVで見慣れており、そこに性的な興味を覚えるからなのでしょうか。
異性相手だと男性特有のマウンティングをしなくて済むから気分的にラクだということなのでしょうか。

このような相談はまだ件数が少ないのですが、今後は同性相手の浮気問題が増えてくるのかもしれません。その頃には男性も相手の性別に関係なく、パートナーの浮気は浮気としてまっとうな?怒りを感じるようになるのでしょうか。

 

カウンセリングでは、浮気、カップル関係、性機能、セックスレスなどでお悩みの方に改善方法をお伝えします。男性からの性癖に関する相談も歓迎です。パートナーの困った性癖に関する相談もどうぞ!
ラインまたはメールでメッセージをくださいね!

お正月期間半額キャンペーンをこの年末年始も実施します!
2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)実施時間は要相談となります
8,800円4,400円       電話・スカイプカウンセリングの初回相談が対象です 
(12/27までにご予約・お振込みいただきます)
ご予約はこちらから



性のお悩み解決方法LINEで配信中


セックスレスの解決策、パートナーの浮気の解決法や浮気防止策などの情報をLINE@で配信しています。
誰にも知られずコッソリ、解決法を知ることができます。
LINE@の登録コチラから


初回カウンセリング受付中

初回対面カウンセリングは15分延長で75分11,000円

セックスレス・セックス・性機能・パラフィリア(性癖)・夫婦不和・離婚などの悩みを改善しています。 セックスレスや夫の浮気のご相談の依頼をたくさんいただいています。

カウンセリングのお申込みはコチラから

誰にも相談できなかった個人的な内容でも安心してお話しください。秘密は厳守いたします。電話・スカイプ・対面でのカウンセリングを行っています。

友だち追加
↑LINEで「お友達追加」して相談する。LINEで相談やカウンセリングの申込ができます。
カウンセリングの申込を迷われている方はLINEからメッセージください
>>カウンセリング料金について
>>カウンセラーの紹介
>>よくある質問


セックスレス対策コース・改善コース
>>詳しくはこちら