性交痛に悩んでいたら「ふあんふりー」を

 

性交痛のお悩み解消に特化した専門サイト、「FuanFree(ふあんふりー)」がこの度オープンとなりました。
立ち上げ人は私も親交のある小林ひろみ先生です。
長年性交痛の研究と潤滑剤の開発をされているこの道の第一人者の方で、私もカウンセリングの中でこちらの潤滑剤 Your Side のご紹介をさせていただいております。

 

今回、「ふあんふりー」 に私も監修として関わらせていただきました。
これまでありそうでなかった、性交痛を総合的、多角的にとらえた画期的なサイトになっています!

性交痛のある方が悩みを解消したいと思い検索すると、出てくるのはほとんど産婦人科のクリニックです。
もちろん体に原因がないか調べることが第一段階ですから、まずクリニックに行ってみることは大切です。
でも医師に「異常なし」と言われた場合、

”じゃあどうしたらいいの? このまま我慢していたらいつかは治るの?”
と途方に暮れてしまうことでしょう。

私は以前不妊治療専門のクリニック内で性の相談を受けていたことがあります。
相談に来るのは当然子どもがほしいご夫婦なので、まずはセックスが遂行できることが目標というケースが大半で、性交痛は一番多い相談内容でした。
クリニック内ですから、すでに皆さんは検査を済ませており、器質的な問題はないことがわかっています。
恐怖心が強いだけ、慣れていないだけ、我慢が足りないだけ・・・
と思い頑張ってみたもののやはり痛い。どうしたらいいか?
ということで相談にみえるのです。

痛みの原因を特定するのは難しいのですが、私はおおまかにいって「体、こころ、テクニック、それらの複合」ではないかと思っています。
そして単純に「こころ」と言っても様々です。
痛みへの恐怖心が強い、親が性的に厳格だったため性に後ろめたさがある、性被害の経験がありトラウマになっている、パートナーとの関係性が悪くリラックスできない、などなど・・・
自分はそのどれかに当てはまるのではないか?と分析して洗い出していくことが必要になります。

それから、医療機関の情報サイトではあまり言及されないのが、実はテクニックだったりします。
パートナーの愛撫が稚拙なために興奮できない、痛みの出やすい体位を取っている、パートナーの性器とサイズが合わないなどは、テクニックを工夫するだけで大幅に改善することも多いものです。

また、疾患や更年期の身体変化のために、以前は痛くなかった人が痛み出すこともあります。

このような様々な状況における性交痛を、「ふあんふりー」ではカテゴリーに分けて改善のヒントをお伝えしています。
産婦人科医、早乙女智子先生の医療総監修を受けているので情報内容も安心、安全です。
薬剤師の佐藤麻美先生は更年期女性のケアも専門とされていて、私のもとにいらっしゃるクライエントさん達に多い「獲得型(ある時期から以前はなかった問題が出てきた方)」の性交痛の改善法を教えていただけることと思います。

またテクニック面は、ラブライフカウンセリング講座で一緒に講師を務めている、お悩み別の体位研究の本家でもあるラブライフアドバイザーOliviA先生が監修しています。
私もOliviA先生から教わったテクニック指導を自分のカウンセリングで生かしています。

体質だから仕方ない。
激痛というわけではなく我慢できる程度だからまあいいや。
そんな風に諦めてしまっている方が多い印象を持っていますが、カウンセリングに来るのをためらわれているのならまず「ふあんふりー」を覗いてみてくださいね!

 

性のお悩み解決方法LINEで配信中

セックスレスの解決策、パートナーの浮気の解決法や浮気防止策などの情報をLINE@で配信しています。 誰にも知られずコッソリ、解決法を知ることができます。 LINE@の登録コチラから



カウンセリング受付

セックスレス・セックス・性機能・パラフィリア(性癖)・夫婦不和・離婚などの悩みを改善しています。 セックスレスや夫の浮気のご相談の依頼をたくさんいただいています。 電話・スカイプ・対面でのカウンセリングを行っています。

カウンセリングのお申込みはコチラから >>カウンセリング料金について >>カウンセラーの紹介 >>よくある質問