人には様々な悩みがあります。
それも一つではなく複数の悩みが絡み合っていたり・・・
「一つも悩みなんてない!」と断言できる人がいたとしたら、
虚勢を張っているか、無理やり自分にそう言い聞かせているだけなのではないでしょうか。

ではカウンセリングで一番多いのはどんな悩みでしょうか?
各カウンセラーの専門性により来談するクライアントが異なってくるので一概には言えません。
ただ、私が多くおうかがいしているのは 夫婦関係、性、DV、職場の人間関係などですが、
それらの悩みに共通していることがあります。

それは・・・
その根底にあるのはズバリ「お金」なのです。

「それはおかしくない?
人間関係はお金では解決できないでしょ?」
と思うかもしれません。

でもお金があればできることもたくさんあります。

恐いお局様がいる会社を辞める。
暴力的な夫とさっさと離婚して新生活を始める。
やりたいことが見つかるまで色々な趣味に没頭してみる。

なんてことも、お金があればすぐにできます。

「でも恋愛は?人の心は思い通りにならないでしょう?」
「健康はお金で買えないですよね」

確かにそうです。
健康問題だけはお金で解決できないものです。
ただ最高の医療を受けられるという意味では、
やはり経済格差が健康格差につながることは否めません。

また、経済的に豊かであれば女性は美しく装うことができるし、
男性の場合は経済力がモテ力になるのは周知のとおり。
性的な魅力も経済力についてくることは間違いありません。

唯一、お金では解決できないと感じるのは、
特殊な性癖を抑えられないという問題です。
これは社会的地位や経済力が高い方でもコントロールできないため、
カウンセリングでも難しい取り組みになります。

「ほとんどの悩みがお金で改善できるなんて、身もフタもないな・・・」
と思われるかもしれません。
でも逆に言えば、ある程度のお金があれば悩まなくても済むかもしれないのです。
そう考えた方がかえってラクになるのではないでしょうか?
特に女性の場合は、経済力をつけることが自分自身を自由にするといった
ケースが少なくありません。

高齢化、少子化、貧困化が社会問題となっているこの時代だからこそ、
働いて稼ぐことがこころの悩みにも効くのだと思います。

 

小泉今日子さんの不倫宣言の是非をめぐって
盛り上がっている職場が多いのではないでしょうか?
いくら同世代の女性の支持を集めているタレントとはいえ、
既婚女性からは、「相手の妻子を傷つけているという自覚がないのか?」
と批判的な意見が目立ちます。

クライアントから「浮気というか・・・不倫なんですけど。」
という表現を聞くことがよくあります。

そもそも不倫と浮気の違いは何でしょうか?
ちゃんとした定義があるわけではないので、多分
不倫はパートナー以外とある程度継続性のある恋愛関係になること。
浮気は体だけの恋愛感情がない関係。
という意味なのでしょう。

妻が夫に裏切られた場合、せめて不倫ではなく浮気であってほしいと願います。
風俗を浮気に含めるかどうかは人によりますが、
金銭を介した遊びの関係であればまだマシ。
仕事仲間や昔のクラスメートなど日常の場で知り合った人、
共有している時間が長い人との関係でなければいい。

最近は自分が浮気しているという女性の話を聞くことも多いのですが、
相手を離婚させ自分と結婚してほしい、いわゆる略奪愛でもなく、
かといって世間のイメージするような火遊び目的の「昼顔族」でもない、
「何となく不倫」がけっこうあるような気がします。
2人の関係に将来はないのは明白だが、とりあえず今は一緒にいたいというような
曖昧な関係です。

略奪にかかるエネルギーと時間とお金は半端じゃありません。
たとえ完遂しても、それからの2人が幸せになれる保証もないし、
相手に子どもがいた場合は養育費が真綿で首を絞めるように
何年ものしかかってきたりします。
そもそもそこまで相手を好きなわけではないという場合も多いと思います。

「一般的」な不倫―既婚男性と独身女性―で考えると、
男性の方は家庭を捨てる気はないにしろ、かなり真剣に女性に夢中になっていますが、
女性は結構冷めていて、「そのうち終わるだろうけどとりあえず寂しいからね。」
と自分の行動に自覚的なのです。

そういう女性なら、私はあまり心配していません。
今なぜ自分が不倫をしているか認識しているからです。

セックスがない生活は寂しいから。
恋愛してないと老化しそうだから。
女として見られ賞賛されていたいから。

何食わぬ顔で家庭に帰っていく男の狡さも十分わかっていながら、
自分も寂しさを埋めるために男を利用しているという罪悪感のようなものもあるので、
おあいこというバランスが成り立っているのです。

私は不倫の是非を判定する立場にはありませんから、
絶対バレないように慎重にすること。
それが相手のパートナーに対する責任である。
ということだけは伝えています。
この関係はそれほど長く続かないだろうと予測しつつ、
それが最後までバレずに完全犯罪で終わるように、
そしていつか年を重ねた時に
いい思い出になっているようにと 祈っているのです。

 

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年はカウンセリングに加えて、
2つの目標があります。
1つ目は「女性の美と健康」を一つのテーマとして
健康推進に関連した活動をしたいということ。
2つ目は、台湾関連ビジネスに携わるということです。
まだ始まったばかりでどうなるかわからないのですが、
今年の終わりには満足のいく結果を出していたいな、と思っています。

さて、あなたの今年の抱負は何ですか?
私どもでお手伝いできることがあれば、
ぜひご連絡くださいね!

 

年末年始は最も自分自身を振り返る時期。
新しい年にいいスタートを切りたい!
今年こそなりたい自分を目指したい!

その一方、お正月は家族が一番長く一緒に過ごす時でもあります。
これまで先延ばしにしていた夫婦の問題も
一気に噴出・・・なんて方も多いはず。
離婚を決意する方が多いのも実はお正月なんです。

少し時間に余裕のあるこの時期に、
在宅のまま気軽に相談できる電話・スカイプカウンセリングを試してみませんか?

セックスレス、パートナーとの不和、離婚、
中高年女性の恋愛や再就職など・・・

年末年始の1週間は、下記の割引料金で承ります(初回のみ)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 電話・スカイプ相談(1時間)8,640円→6,480円

 実施日時  2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)
  (日時は要相談)
  予約フォームから、お悩みの簡単な内容とご希望日時を記入の上ご予約ください。
  翌日までに返信をいたします。

★セックスやセクシュアリティについて学び、
その知識を生かしたカウンセラーを目指してみませんか?

ラブライフアドバイザーとして活躍中のOLIVIA先生とタグを組み、
ラブライフに悩む方を対象としたカウンセラーを養成する
実践的な講座を開講しています。

ベーシックコース第12期は2018年1月20日(土)開講決定!

【第12期 4日間コース】<1日目> 2018年1月20日(土)10時~16時
<2日目> 2018年2月3日(土)10時~16時
<3日目> 2018年2月17日(土10時~16時
<4日目> 2018年3月3日(土)10時~16時

講座の詳細、お申し込みはこちらから

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

統計上、日本では3組に1組の夫婦が離婚しています。
生涯未婚率も年々増加。
男性は約23%、女性は約14%(2015年)。
つまり、多くの未婚or離婚経験者がミドルエイジにいるわけです。

私も相談業務でたくさんの恋愛相談を受けます。
電話相談だと顔が見えないので、てっきり30代の方のお話だと思っていると、
あとで50代だとわかって驚いたり・・・
お声も行動も若々しいので全く年齢不詳なんです。

ただ、若い頃のように好きだからというだけで一緒になれないのもこの世代。
子どもの理解が得られるか、
お互いの老親の介護はどうするか、
いつまで健康でいられるか、
リストラに遭うかも・・・
今更家を買うのは恐いよね・・・

などなど悩みは尽きません。

それでも、やっぱり1人より2人がいい。
 人生の折り返し地点からゴールまでを
すてきなパートナーと歩いていきたい。

私達は、ミドルエイジの恋愛、セックス、離婚、再婚などにまつわるお悩み改善と、
第二の人生を豊かに暮らすためのヒントをお伝えしています。
ぜひカウンセリングの効果をお試しください♪